はじめに

MTGアリーナのデータを取得し、便利に活用できるツールは主に3種類あります。

■MTGA Tracker

■MTGA PRO Tracker

■LOTUS TRACKER

この3つのツールですが、似たような名前・機能なので、どれを使えば良いか迷っている人もいると思います。

そこで、使用した実感も含めてその機能を比較してみました。

機能比較

各トラッカーの機能とその比較

項目 MTGA MTGA PRO LOTUS
宝箱(Vault)の進行度の確認
ドラフトのピック履歴
ドラフトで使用したデッキ履歴
自分の勝率・勝敗を確認
所持カードの確認
戦闘中の経過時間を確認
戦闘中の山札に眠っているカードの枚数を確認
戦闘中の行動履歴を確認
ドラフト中、ピック予定のカードを
それぞれ何枚持っているか確認
ドラフト中、カードの評価を確認できる
所持しているカードリストを
csv形式でエクスポート
アプリではなくサイトから情報を確認
デッキ作成
剥いたパックの中身の履歴
メタゲームを確認

ツール画面

MTGA Tracker

起動後はこのようになります。アリーナの画面の上から表示できます(移動可能)。

対戦時はデッキに眠るカードの一覧・枚数を表示できます。勝ち筋の有無を確認できるので、諦めて投了したり、諦めずに粘る選択肢を素早く確認できます。

MTGA PRO Tracker

起動するとシンプルなツールが立ち上がります。

ツール一覧画面(ショートカット)

ブラウザではこのような画面が表示されます。外出先でもデータ確認できるのは強みですね。

LOTUS TRACKER

戦闘時、左右にツールが展開され、左側が自分の山札に眠るカード、右側が相手プレーヤーの公開されたカードとなります。

ドラフト時にはそのカードの点数が表示されます。

メモリの消費量

重要な要素として、ツールの重さ、メモリの使用量があります。

管理人PCでそれぞれのツールを起動した時のメモリ使用量です。

MTGA Trackerは217.0MB

MTGA PRO Trackerは32.1MB

LOTUS TRACKERは31.7MB

と、なりました。アリーナ起動時もさほど変わりません。

PCのスペックが不安な方は、MTGA Trackerは少し厳しいかもしれません。

デッキの一覧表示

MTGアリーナではデッキ内容の全体像を直観的に表示するような機能がありません(MOのCard Viewのようなもの)。
その為、Twitterなどにデッキ内容を公開したくてもイマイチなものになってしまいます。

外部ツールであるトラッカーに期待したいのですが、こちらもそこまで便利に表示するものはまだありません。
一覧表示だけなら以下の画像のようなものになります。

■MTGA Tracker
テキストベースの一覧ぐらいしかないです。マナコストとカードタイプでソートされています。

■MTGA PRO Tracker
カード名の背景がカードイラストになっているので、少しはわかりやすいです。

■LOTUS TRACKER
他のものと比べるとまだわかりやすいですが、カードビューには対応していません。

終わりに

MTGA TrackerとMTGA PRO TrackerとLOTUS TRACKERの機能比較でした。

戦闘中のデータ確認に便利なのがMTGATracker、普段からのデータ確認に便利なのがMTGA PRO Tracker、LOTUS TRACKERはその中間というところでしょうか。

どれも便利なツールなので、用途に応じて使ってみてはいかがでしょうか。

 

導入方法や使い方はこちら:

■MTGA Tracker

■MTGA PRO Tracker

■LOTUS TRACKER

Twitterもやっています。フォローよろしくお願いします

おすすめの記事