ミシックチャンピオンシップⅦ

ミシックチャンピオンシップⅦがアメリカのロングビーチにて12/7から3日間の日程で行われます。

MTGアリーナを使用して行われるMTGの競技大会であり、来年から名称が変更される為、これが最後のミシックチャンピオンシップになります。

賞金総額は優勝は10万ドル。総額75万ドルの大会です。

日本からは5名の選手が参加しているので応援しましょう!

ミシックチャンピオンシップⅦとは

MPL(マジック・プロリーグ)のメンバー32人と予選勝ち抜き選手+招待選手を合わせた挑戦者35人で争われるトーナメントです。

フォーマット:スタンダード(BO3)

1日目
変則スイス式ラウンド
・MTGアリーナを用いて最大8回戦を戦い、上位24名が2日目進出。
・5勝したプレイヤーは、自動的に2日目進出。
・4敗したプレイヤーは大会敗退。
・4勝のプレイヤーの間でタイブレークが行われ、2日目に進出する24名が決定。
2日目
変則スイス式ラウンド
・初日の上位24名にMPLエルドレイン・スプリットの各ディビジョンの優勝者4名(Márcio Carvalho、Piotr Głogowski、William Jensen、八十岡 翔太)が加わり、7回戦のスイス式ラウンド。
・上位8名が3日目に進出。
3日目
トップ8によるダブルエリミネーション
・8名でダブルエリミネーション方式(2敗すると敗退)。
・グランドファイナルでは、勝者側(Upper)と敗者側(Lower)の各ブラケットを勝ち上がった選手が対戦。
・敗者側ブラケットの選手が優勝するには、2マッチ連取が必要。

参加者

全参加者の一覧はこちら

日本からの参加者

(敬称略)

MPLメンバー

八十岡 翔太(@yaya3_)-5Cファイアーズ(ゴロス)
佐藤 レイ(@r_0310)-ジェスカイ・ファイアーズ
行弘 賢(@death_snow)-5Cファイアーズ(ニヴ)

挑戦者

覚前 輝也(@fushiginokunin5)-ラクドス・サクリファイス
吉野 高平(@kiteon0611)-アゾリウス・コントロール

の5名が参加します。

放送予定

今回のミシックチャンピオンシップは3日間とも現地放送に合わせて生解説されます。

日程放送日時放送ページ
1日目12月7日(土) 2:00~ニコニコ生放送Twitch
2日目12月8日(日) 2:00~ニコニコ生放送
3日目12月9日(月) 2:00~ニコニコ生放送

日本語解説陣

(敬称略)

石川朋彦(@katuobusi717
大和周平(@YamatoColors
市川ユウキ(@serra2020
原根健太(@jspd_

デッキリスト

デッキリストは事前公開されています。

全参加者デッキリスト

日本人選手5名のデッキリスト

その他勝手に注目しているプレイヤー&デッキ

その他見所

最後のミシックチャンピオンシップになるので、

・2019シーズン最後で最大のイベント、賞金総額100万ドル大会である「世界選手権」の枠争い(来年2月開催)
・来期MPLの残留争い

も注目ポイントです。

現在のミシックポイント一覧

 

Twitterもやっています。フォローよろしくお願いします