はじめに

MTGGoldfishというサイトがあります。MTGの記事や動画、結果を残したデッキの掲載や自らデッキを登録する事ができる、いまどんなデッキが流行っているかを調べるにも一番便利なサイトです。

そんなGoldfish(通称金魚)が、MTGアリーナとGoldfishサイトの連携アプリを開発したので、導入・設定方法を紹介したいと思います。

何ができるのか

MTGアリーナとGoldfishを連携する事で、以下の機能が使えるようになります。

・アリーナのカード資産をGoldfishで確認できるようになる。

・Goldfishで公開されているデッキを作成するにはあとどのカードが何枚必要かなどがわかるようになる(有料会員限定)。

設定・登録方法

登録方法・使い方はサイト内で詳しく解説しているのですが、一応英語わからない方向けということで。

 

上記サイトからアプリケーションのダウンロードを行い、実行。インストールを押してインストールを開始します。

インストール後、アクセスキーを要求されます。

何も入れずにOKを押すとアクセスキーを入れろと怒られます。

アクセスキーは、Goldfishに会員登録(無料)後、アカウントの画面に表示されています。

下の方にある、Generate New Tokenを推すと、アクセスキーが左側の欄に表示されます。それをコピーして、先ほどのSetup画面の欄に入力してOKを押します。

アクセスキーが認証されると、設定画面が表示されます。アリーナのログが保存されている場所を要求されます。何も変更していなければ、そのまま表示されているところで問題ないです。

Saveを押してログの場所を保存します。

設定が完了すると、下の画面が表示されるので、Sync Collectionを押します。

問題なければ下のようにポップアップが表示され、設定完了です。表示されているアドレスに行くと、

MTGアリーナの保持カードがGoldfishで反映されるようになりました。これで終わりです。

また、有料会員であれば、サイト内のデッキリストのカードの横に自分が持っているカードの枚数が表示されるようになる、My price(Arena)が使用できるようになるようです。

終わりに

正直なところ、MTGアリーナのUIもまだまだイマイチな所が多いのでGoldfishとの連携は期待していたのですが、通常会員だとカードの枚数が確認できるだけで特に何ができるわけではありませんでした。有料会員だともう少し有用だとは思いますが、アリーナ本体と同じく期待をしつつ見守っていきたいと思います。

Twitterもやっています。フォローよろしくお願いします

おすすめの記事