概要

MTGアリーナの2020年2月のアップデート内容が公開されました。アップデート&メンテナンスは2/12の深夜1時に開始予定です。

アップデート内容

リミテッドデッキの指名対戦対応

まもなく行われる世界選手権のフォーマットがドラフト+スタンダードの為、指名対戦でリミテッドデッキが選択できるようになりました(今までは60枚以上のデッキしか選択できなかったが40枚のデッキを選択可能に)。世界選手権ではドラフトのピックは紙で、対戦はMTGアリーナで行われます。

また、ロードマップに記載されている人間との8人ドラフトも、今年後半に実装予定と発表。開発中の画面が公開されています。

リミテッドデッキのエクスポート

ドラフト&シールドで、デッキをエクスポートできるオプションが追加。デッキボックスの上にボタンが追加されており、それを押すことで自分のコレクションにデッキが追加されるものと思われます。

世界選手権と連動したイベント

ニクス(フルアート)基本土地

アップデート後にストアから購入可能。各3000ゴールド。一度購入すると好きな枚数をデッキに入れることができます

星座ショーケースイベント

2/22より単色の神をモチーフにしたイベントが開催。

1周目はパーフォロス。順番にナイレア、ヘリオッド、エレボス、タッサと続きます。

パーフォロススタンダード職工(コモン、アンコモン構築)
ナイレア「Giant Monsters Emblem」
※4マナ以上のクリーチャースペルを唱える度に1ドローが付く紋章イベント
ヘリオッド「Immortal Sun Emblem」
不滅の太陽の効果をもつ紋章イベント?
エレボスヒストリック・ブロール
タッサ150枚構築済みシングルトン

ショーケーススタイルが報酬です。参加費は各2500ゴールド/500ジェム。

ワークショップシリーズ

参加費無料の構築済みデッキを使用するイベントの拡大を検討中。48時間の限定開催。

ランクドラフトの開催ルール変更

これまでは新セット発売の約2週間後から、新セットを用いたランクドラフトが次の新セット発売(の約2週間後)まで開催され、第二ランクドラフトとしてこれまでのセットが2週間ごとのローテーションで開催されていた。しかし、その結果ドラフトの全体のプレイが少なくなったのでルールを変更。

今後は、新セットのドラフトとこれまでセットのドラフトのローテーション。新セット→既存セット1→新セット→既存セット2のような流れで2週間ごとのローテーション。

※テーロスドラフトは2/14-27は2週間の休憩。2/28に戻ってくる。その後2週間後に再びローテーション。

過去セットの追加(パイオニア等)に関して

古いセットからMTGアリーナにカードを追加する方向は継続。ヒストリックアンソロジー、アモンケットや今年予定のパイオニア向けリマスターセットが実装予定。

Twitterもやっています。フォローよろしくお願いします