マジック:ザ・ギャザリング世界選手権2019

ミシックチャンピオンシップⅦが終了し、世界選手権へ参加する16のプレイヤー枠が埋まりました。

今回は初のMTGアリーナを使用した大会となり、ハワイ・ホノルルで2/14-16の日程で開催。

賞金総額100万ドル、優勝は30万ドルというMTG史上最大の個人賞金となります。

また選手が着用するアロハシャツのデザインコンテストも行われています。優勝するとハワイ・ホノルルへ招待!

 

※去年の世界選手権2018はテーブルトップでの開催だったのでドラフトとスタンダードの2つのフォーマットにて行われました。3日目にはチームシリーズの決勝も行われましたが、今年はチームシリーズが無かったのでありません。MTGアリーナでの開催という事でフォーマットや内容含め、今後発表される内容に注目です。

参加選手

選手名獲得権利
Javier Dominguez世界選手権2018優勝
Autumn BurchettミシックチャンピオンシップⅠ(クリーブランド)優勝
Eli LovemanミシックチャンピオンシップⅡ(ロンドン)優勝
Matias LeverattoミシックチャンピオンシップⅢ(MTGアリーナ)優勝
Thoralf SeverinミシックチャンピオンシップⅣ(バルセロナ)優勝
Jean-Emmanuel DeprazミシックチャンピオンシップⅤ(MTGアリーナ)準優勝
※優勝のJavier Dominguezが既に権利をもっていた為
Ondřej StráskýミシックチャンピオンシップⅥ(リッチモンド)優勝
Piotr GłogowskiミシックチャンピオンシップⅦ(MTGアリーナ)優勝
Raphaël Lévy挑戦者ミシックポイント上位4枠
Chris Kvartek挑戦者ミシックポイント上位4枠
Sebastian Pozzo挑戦者ミシックポイント上位4枠
Gabriel Nassif挑戦者ミシックポイント上位4枠
Márcio CarvalhoMPLミシックポイント上位4枠
Seth ManfielMPLミシックポイント上位4枠
Andrea MengucciMPLミシックポイント上位4枠
Paulo Vitor Damo da RosaMPLミシックポイント上位4枠

 

 

Twitterもやっています。フォローよろしくお願いします