2つのブースターパックを合わせればその場でシールド戦が楽しむ事ができる「Jumpstart」が発表されました。

20枚入りのブースターパックを2つ合わせればすぐに対戦可能な紙のセットです(新カードも37枚収録)。

Jumpstartの特徴

基本土地の中には、初めて印刷される壮大なアートのものがあります。
3パックに1パックの割合で、追加のレアカードが封入されています。
およそ500種類にわたるカードが再録されます。
『Jumpstart』には、37種類の新規カードが収録されます。
『Jumpstart』の収録内容は『基本セット2021』と共通の部分も多く、関連の強いものですが、独立した製品です。
『Jumpstart』の収録カードはすべて、エターナル・フォーマット(レガシー、ヴィンテージ、統率者戦)で使用できます。

MTGアリーナでもこれらのセットを今年のどこかで体験する事ができ、さらに構築(ヒストリック)でも収録カードを使用する事ができます。

Twitterもやっています。フォローよろしくお願いします