イコリア:巨獣の棲処

セット名イコリア:巨獣の棲処
次元イコリア
モチーフ不明(巨大モンスターが生息)
Twitterハッシュタグ#MTGIkoria
発売日(アリーナ)2020年4月16日(日本時間17日メンテナンス後)

カード

通常版カードギャラリー

豪華版カードギャラリー

トレーラー&PV

トレーラー

PV

ストーリー

キャッチコピー:君だけの相棒と、戦え。

世界観

登場するプレインズウォーカー

ビビアン・リード

ルーカ

 

メカニズム

サイクリング

サイクリング能力は、この能力を持つカードがあなたの手札にあるときに起動できます。サイクリング能力はコストを持ちます。今回のセットではマナのみですが、過去のカードの中にはマナ以外のサイクリング・コストを持つものもありました。コストを支払いそのカードを手札から捨てれば、サイクリングを起動できます。サイクリング能力が解決されたら、あなたはカードを1枚引きます。

キーワード・カウンター

+1/+1カウンターが置かれたクリーチャーは+1/+1されるのと同様に、キーワード ・カウンターが置かれたパーマネントはそのキーワード能力を持ちます。これにより、一部の呪文や能力がいくらか持続するようになります。

変容

あなたがクリーチャー・呪文を変容コストで唱えるとき、挙動がいくつか変わります。まず、支払うのはマナ・コストではなく変容コストになります。それから、その呪文は対象を取るようになります。対象を具体的に言うと、「あなたがオーナーであり人間でないクリーチャー1体」です。(中略)変容はその呪文を唱える場合のみ使えます。変容を持つクリーチャーが他の方法で戦場に出る場合は、単にそのクリーチャーが戦場に出るだけです。

変容で唱えたクリーチャー・呪文が解決されると、それは戦場に出る代わりに対象にしたクリーチャーと1つに混ざります。変容で唱えたクリーチャー・呪文のコントローラーは、それを対象にしたクリーチャーの一番上か一番下に置きます。最終的にカード(やトークン――これについてもすぐにご説明します)が重なるように置かれ、それら全体で1体のクリーチャーとして扱われます。そのクリーチャーは一番上のカードの特性をすべて持ち、さらにその下に置かれているカードすべての能力もすべて持ちます。

例えば、《苔毛のゴリアク》を対象に《雲貫き》を変容コストを支払って唱えたとしましょう。《雲貫き》が解決されて、あなたは《雲貫き》を《苔毛のゴリアク》の上に置きました。その場合は、変容と到達と、この後すぐに説明する誘発型能力、そして警戒を持つ赤の5/4の恐竜になります。《雲貫き》を《苔毛のゴリアク》の下に置いた場合は、同じ能力を持つ緑の2/4のビーストになります。

相棒

相棒として選べるのは、1ゲームに1体のみです。選ばれた相棒は、ゲーム開始時にはメインデッキに入りません。代わりに、サイドボードに入ります。(中略)構築フォーマットでは、相棒は15枚のサイドボードのうち1枠を占めることになります。ゲームを始めるに際し、あなたは相棒として選んだカードをすべてのプレイヤーに公開します。そしてゲーム中に一度、あなたは選んだ相棒をサイドボードから唱えることができます。その行動にはクリーチャー・呪文を唱えるための通常のルールが適用されるので、唱えられるのはあなたのメイン・フェイズ中だけです。

相棒ルールの変更

2020年6月1日禁止制限告知にてメカニズムの変更が発表されました。

「各ゲーム中に1度だけ、あなたはソーサリーを唱えられるとき(あなたのメイン・フェイズの間でスタックが空であるとき) に(3)を支払うことでサイドボードからあなたの相棒をあなたの手札に加えることができる。これは特別な処理であり、起動型能力ではない。」

『ゴジラ』コラボ

「ゴジラ」シリーズとコラボレーション。

通常版は違うカード名ですが、ゴジラ版カードだと名前と絵柄が変化します。

例:通常版、ショーケース版、ゴジラ版

アリーナでの入手方法

Twitterもやっています。フォローよろしくお願いします