はじめに

MTGにはフォーマットと呼ばれる、色々な遊び方のルールがあります。(詳しくはこちら

様々なフォーマットがありますが、MTGアリーナではスタンダードリミテッド(ドラフト)が常に遊べるフォーマットで、その他にリミテッド(シールド)特殊イベントがあります

そして2019秋よりヒストリックと呼ばれるイクサラン以降のカードがすべて使えるスタン落ち救済のフォーマットが誕生しています。

リミテッド

リミテッドはドラフトやシールドなど、その場でパックを開封し、その場でデッキを作成して遊ぶフォーマットです。

ドラフトはランキング戦の関係上、恒常的に遊べます。
シールドは開催時期が限られています。

スタンダード

スタンダードは近々に発売されたセットのみでデッキを作るフォーマットです。セットにはローテーションがあり、発売後一定の周期でセットごと使用できなくなりますが、3ヶ月ごとに新セットが発売されます。

ローテーションについての公式の発表

現在は、年に4回新セットが発売され、秋のセットの発売と同時に古い4セットが落ちるという流れです。

セット名スタンダードヒストリックスタン落ち
ヒストリック・アンソロジー4
2021年初頭
  
パイオニアマスターズ
第4四半期
  
ゼンディカーの夜明け
2020年9月18日update後
  2022秋
アモンケットリマスター
2020年8月14日update後
  -
Jumpstart
 -
基本セット20212021秋
イコリア:巨獣の棲処2021秋
テーロス還魂記2021秋
エルドレインの王権2021秋
基本セット20202020秋
灯争大戦2020秋
ラヴニカの献身2020秋
ラヴニカのギルド2020秋
基本セット20192019秋
ドミナリア2019秋
イクサランの相克2019秋
イクサラン2019秋
ヒストリック追加カード

ヒストリック

イクサラン以降すべてのセットと、ヒストリック用に追加されたカードが使えるアリーナ専用フォーマットです。

特殊イベント

主に週末イベントとして行われている、通常の構築ルールに+αして遊ぶフォーマットです。

「レアリティがコモンのカードだけ使える」や、「通常は4枚まで入れる事ができる同名カードを1枚に制限」などがあります。

週末イベントなので常にあそべはしませんが、お祭りフォーマットとして親しまれています。

週末イベントのスケジュールはこちらから

 

Twitterもやっています。フォローよろしくお願いします