DISCORDとは

DISCORDとは、ゲーマー向けチャットアプリの1つで、ゲームをプレイしながら交流するのに特化したアプリです。

簡単に言うとMessengerやSkypeなどチャットツールのゲーム特化版です。

DISSCORDについてや、導入は下のサイトが詳しいです

DISCORDでMTGしてみよう

そんなDISCORDですが、もちろんカード「ゲーム」であるMTGとの相性はとても良く、これを利用することで情報共有や画面共有、対戦が簡単に行う事ができます。

友人との交流だけでなく、同好の士(好きなデッキを使っている人で集まったサーバーもある)を探し、交流に加わる事での情報共有も大きなメリットの1つです。

MTGアリーナ

アリーナの画面を共有することで、友人や色々な人にアドバイスをもらいながらプレイすることができます。

ただ、相談時間が長くなり、プレイが遅くなるような事だけは避けたほうが良いと思います。

※2019/2/15のアップデートよりDISCORDとMTGアリーナが連携できるようになりました

当サイトでも試験的に運用中。よかったらぜひ。

アリーナとの連携によって出来る事

MTGアリーナをプレイしている時、何をしているかまでわかるようになりました。

どのゲームモードで対戦しているか、何分間対戦しているかが他の人にもわかるようになります。

ダイレクトマッチ(指名対戦)がDISCORDから募集できます

指名対戦画面でDiscordチャレンジのボタンをONにして「ホスト」を押します。

するとDiscordの状態が「挑戦可能」になります。これで他の人が対戦を挑める状態になります。

挑むには各プレイヤーのステータス画面の「参加依頼」かホストした人がチャット欄にて招待行えるので、そこから参加ができます。

Magic Online

MOもMTGアリーナと同じく、画面共有しながらプレイすることができます。

こちらはアリーナとは逆に、待ち時間制なので相談することで時間切れ負けがないように気を付けた方が良いでしょう。

昔々から、ネットを通じて遠くの人と対戦する、スカイプ対戦の文化がありました。

スカイプよりゲームプレイに特化したDISCORDでは、より快適に対戦する事ができると思います。

 

Twitterもやっています。フォローよろしくお願いします