はじめに

MTGアリーナで知人友人と直接対戦する(所謂フレンド対戦)は、指名対戦(ダイレクトチャレンジ)という機能が実装されています。

対戦方法

対戦までの流れは、以下のようになります。

1.設定のボタンの並びにある指名対戦マーク(剣が交差しているマーク)をクリックする

2・すると対戦相手指定画面が画面右に展開されるので、対戦相手のユーザーIDを入力する(自分のユーザー名をクリックするだけでIDをコピーする事ができるので、友達にそれを伝える事ができる)

3.デッキを選択し、PLAYボタンを押すと、対戦相手を待つ間、待機画面になる。

4.双方がPLAY確定したら対戦開始。

5.最後にこのモードで対戦した相手のIDはそのまま入力欄残っているので、入力する事なくそのまま連戦が可能

対戦ルール

指名対戦では、フォーマットについての細かなルールはありません。

唯一のルールはカードの枚数が60枚以上というだけです。自分はパウパー形式、相手はシングルトン形式など、好きなようにデッキを選択することができます。

対戦オプション

オプションで事前にどういった形式で対戦できるか選べるようになりました。

選べるのは1本先取か2本先取と、先攻後攻をランダムで決めるかあらかじめ決めるかです。いわゆるBO1かBO3で、BO3はサイドボードを選択できます。

BO1ではコインフリップに勝った方が先攻で、BO3の場合は先攻から後攻か選ぶ事ができます。

オプションを変更するには、Challenge Optionsをクリックしてオプション画面を開き、各項目の◁▷を押して変更してきます。

※先攻後攻をあらかじめ決める場合、お互いに設定を合わす必要があります。自分が先攻になりたい場合、自分は下のようにあなたが~を選択し、

対戦相手の方は、下のように対戦相手が~を選択している必要があります。同様に1本先取か2本先取の項目も対戦相手と同じにする必要があります。

DISCORD

DISCORDと連携する事でさらに便利に対戦相手を探せるようになりました。

留意事項

  • このモードではプレイヤーランクに影響を与えない
  • デイリークエストやウィークリークエストの報酬条件に影響しない
  • 対戦中のタイマーは無効になる。(長時間の動作なしはサーバータイムアウトになる)

今後の予定

公式は、このダイレクトマッチに加えて、フレンドリスト機能も追加予定と語っています(時期不明)。

なかなかに取ってつけた感のある機能ではありますが、無いよりはマシという事で…。まだまだベータ版、フレンドリストについても気長に待つとしましょう。

活用するために

DISCORDで友人と示し合わせてプレイや

Twichなどでプレイ配信を行い、視聴者から対戦相手を募るというのがシステム的にあってそうですね

 

Twitterもやっています。フォローよろしくお願いします

おすすめの記事