はじめに

MTGアリーナで知人友人と直接対戦(フレンド対戦)するには、指名対戦(ダイレクトチャレンジ)にて行います。

対戦方法

対戦までの流れは、以下のようになります。

1.設定のボタンの並びにある指名対戦マーク(剣が交差しているマーク)をクリックする

2.対戦相手指定画面が画面右に展開されるので、対戦相手のユーザーIDを入力する(自分のユーザー名をクリックするだけでIDをコピーする事が可能)

3.デッキを選択し、PLAYボタンを押すと待機画面に

4.双方がPLAY確定したら対戦開始。

5.最後にこのモードで対戦した相手のIDはそのまま入力欄残っているので、入力する事なくそのまま連戦が可能

対戦ルール

指名対戦では、フォーマットについての細かなルールはありません。

スタンダード/ヒストリックの選択も行えます。

唯一のルールはカードの枚数が60枚以上というだけです。自分はパウパー形式、相手はシングルトン形式など、好きなようにデッキを選択することができます。

対戦オプション

オプションで事前にどういった形式で対戦できるか選べるようになりました。

選べるのは1本先取か2本先取と、先攻後攻をランダムで決めるかあらかじめ決めるかです。いわゆるBO1かBO3で、BO3はサイドボードを選択できます。

BO1ではコインフリップに勝った方が先攻で、BO3の場合は先攻から後攻か選ぶ事ができます。

オプションを変更するには、「Challenge Options」と書かれている所をクリックしてオプション画面を開き、各項目の◁▷を押して変更してきます。

※先攻後攻をあらかじめ決める場合、お互いに設定を合わす必要があります。自分が先攻になりたい場合、自分は下のようにあなたが~を選択し、

対戦相手の方は、下のように対戦相手が~を選択している必要があります。同様に1本先取か2本先取の項目も対戦相手と同じにする必要があります。

2019年5月のアップデートから、オプションに「トーナメント戦」が追加されています。

これは対戦ルールが以下固定となります。

・2本先取(BO3)

・コインフリップ

・マッチ戦スタンダードのカード(スタンダード構築サイドボードあり)

・待ち時間あり

DISCORD

DISCORDと連携する事で便利に対戦相手を選択できるようになりました。

※web版では指名対戦はできません。アプリケーション版でのDiscordが必要となります

指名対戦画面でDiscordチャレンジにチェックを入れると、下部のボタンが「ホスト」に変わります。

ホストを押すとアリーナ上では以下のように対戦相手を待っている状態になります

Discordのチャット欄の左側、十字(普段は画像を選択する箇所)に緑色が追加されるようになります

今いるチャットの部屋に、MTGアリーナでの指名対戦の招待を作成する事ができます

コメントも入力可能。問題なければ「招待を送信」を押します

チャットに招待が貼られます。他の誰かが「参加」を押し、デッキを選択すると指名対戦が始まります

Discordについてはこちら

留意事項

  • このモードではプレイヤーランクに影響を与えない
  • クエストの報酬条件に影響しない
  • 対戦中のタイマーは無効になる。(長時間の動作なしはサーバータイムアウトになる)

 

 

 

Twitterもやっています。フォローよろしくお願いします