はじめに

MTGでは「色の組み合わせ」を呼ぶ時に便宜上様々な通称が使われます。

色の組み合わせだったり、背景世界の団体名だったり、特定のクリーチャー名などで呼ばれるこれらの固有名詞ですが、
デッキリストの名称によく使われるので、覚えておけば自分の探しているデッキカラーが見つけやすくなると思われます。

※「エスパー」コントロール、「ゴルガリ」ミッドレンジなど

ここでは主な名称(古いものやマイナーなものは割愛)を一覧にしてみました。

単色

MTGの基本の5色。隣り合う色は仲が良い色(友好色)、隣り合わない色は仲が悪い色(対抗色)です。

(W)白単/Mono White
(U)青単/Mono Blue
(B)黒単/Mono Black
(R)赤単/Mono Red
(G)緑単/Mono Green

※頭文字がBから始まる色が2つあるので、青は「U」と略されます。

2色

主に背景世界の次元であるラヴニカに登場する各色のギルドの名前で呼ばれる事が多いです。

友好色
(WU)アゾリウス/Azorius
黒(UB)ディミーア/Dimir
(BR)ラクドス/Rakdos
(RG)グルール/Gruul
(GW)セレズニア/Selesnya
対抗色
黒(WB)オルゾフ/Orzhov
(UR)イゼット/Izzet
(BG)ゴルガリ/Golgari
(WR)ボロス/Boros
(UGシミック/Simic

3色

「弧」は友好3色の組み合わせ。「楔」は友好2色と対抗1色の組み合わせです。

弧は背景世界アラーラで登場した各断片の名前です。

楔も同様に、背景世界タルキールで登場した氏族の名前です。

他にも様々な名前で呼ばれますが、一般的には上の呼ばれ方で呼ばれる事が多いです。

黒(WUB)エスパー/Esper
(UBR)グリクシス/Grixis
(BRG)ジャンド/Jund
(WRG)ナヤ/Naya
(WUG)バント/Bant

(WBG)アブザン/Abzan
(WUR)ジェスカイ/Jeskai
(UBG)スゥルタイ/Sultai
(WBR)マルドゥ/Mardu
(URG)ティムール/Temur

4色、5色

明確にこの名前が使われるといったものはありません。4色は4C○○、5色は5Cなどと記述される事が多いです。

ジェスカイカラー(白青赤)に黒がタッチされたデッキが「ダークジェスカイ」と(一部で)呼ばれたりなど、環境によって呼ばれ方も様々です。

関連リンク

視覚的にわかるこんなサイトもあります(英語)

 

色の組み合わせについてもっと詳しく知りたい方はwikiでどうぞ。歴史が詰まっています。

 

2色のギルドの次元ラヴニカについては公式でラヴニカ世界の紹介記事があります

楔の次元タルキールは、ネット上で無料で背景世界の小説が読めます

 

各色の役割などに興味をもった方はこちらもどうぞ

Twitterもやっています。フォローよろしくお願いします